しあわせになることを叶えるためにサポートいたします。

ながいきや本舗ロゴ
menu
16時まで当日出荷可能
ログイン
ログアウト
マイページ
カートへ
tel: 0120496333

ながいきや本舗の葉酸サプリについてよくある質問

よくある質問

植物性(食事性)葉酸と合成葉酸の違いってなんですか?

ながいきや本舗の葉酸サプリに配合されている、農薬を使用せずに栽培されたレモン由来の葉酸は、ポリグルタミン酸型と言われる、野菜などの食品に含まれる葉酸です。

一方、合成の葉酸は、人工的に作られた葉酸でものグルタミン酸型葉酸と言われるものです。

植物性(食事性)葉酸は吸収が良くないと聞いたことがありますが・・・

植物性(食事性)葉酸の吸収率は合成葉酸の約50%と言われています。

しかし、ながいきや本舗の葉酸サプリには厚生労働省が推奨する合成葉酸での1日の摂取量(妊娠を計画中の方の場合の4粒摂取量)400μgを考慮して、食事性葉酸として800μg配合しています。

約50%吸収されるとして、400μg摂れるように配合設計しております。

厚生労働省が合成葉酸のサプリメントを推奨しているって本当ですか?

そんなことはありません。あくまで「モノグルタミン酸」で摂取の推奨量を提示しているだけです。

厚生労働省の通知の一部をご紹介いたします。


平成12年12月28日児母第72号・健医地生発第78号 
各都道府県・政令市・特別区母子保健主幹部(局)長,栄養主幹部(局)長宛
厚生省児童家庭局母子保健課長,保健医療局地域保健・健康増進栄養課生活習慣病対策室長通知
【神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について】

「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供要領」より抜粋

第5 イ 妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスのとれた食事が必要であること。

第6 2 イ 利用効率について
食品中の葉酸(folate)といわゆる栄養補助食品中の葉酸(folic acid)の体内の利用効率について差がある。いわゆる栄養補助食品の葉酸は生体内の利用効率が85パーセントと見積もられているのに対して、食品中の葉酸は代謝過程に様々な段階があるため、利用効率が低下する。幾つかの研究では、食品中の葉酸の利用効率は50パーセント程度と見積もられている。

以上原文より抜粋

ビタミンB12ですが、1日の食事摂取基準が2.4μgとなっていますが、摂取基準よりも摂取して体に害はないのでしょうか?ビタミンB12の取り過ぎは癌になるときいたことがあります。

確かに、「日本人の食事摂取基準2015年版」では、ビタミンB12の成人女性の一日の推奨量は「2.4μg」とされています。

一方、栄養機能食品の規格基準においては、ビタミンB12は、上限値は60μg 下限値は0.72μgです。

「ながいきや本舗の葉酸サプリ」は、この栄養機能食品の規格基準を元に配合を考えました。

よって、「一日4粒で5.6μg」は基準内であり、特に過剰摂取にはなりませんので、ご安心ください。

なお、国立健康・栄養研究所が発表している「「健康食品」の安全性・有効性情報 ビタミンB12解説」によると、ビタミンB12は過剰に摂取しても吸収されないため、ビタミンB12の過剰摂取による障害はほとんどありません。

また、国立がん研究センターの予防研究グループの研究によると、平成2年(1990年)と平成5年(1993年)から、40~69才の男女約8万人の方々を、平成14年(2002年)まで追跡した調査結果にもとづいて、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、メチオニンの摂取量と大腸がん発生率との関連を調べた結果、女性はどの栄養素でも関連が見られなかった、ということです。

どうぞ安心して「ながいきや本舗の葉酸サプリ」をお役立てください。

参照:

「健康食品」の安全性・有効性情報 ビタミンB12解説

葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12、メチオニン摂取と大腸がん罹患との関連について

ご購入はこちらから


レモン由来の食事性葉酸配合 ながいきや本舗の葉酸サプリ お得な3袋分

6,980円(税込)


レモン由来の食事性葉酸配合 ながいきや本舗の葉酸サプリ

2,700円(税込)


いらっしゃいませ、$LAST_NAME$
現在$POINT$ポイントご利用可能です。

カテゴリーから探す
目的別で探す

マツムラ通信

メールマガジンはこちら

amazon決済&楽天ID決済について

法人向けのお客様について