血流を改善する遠赤外線サンマット

掲載されました

サンマット、夏の使い方についてはこちら




家庭用遠赤外線温熱治療器「サンマット」は、体の冷えでお悩みの方で本気で結果をお望みの方におすすめしている商品です。
この「サンマット」は病院でおこなう遠赤外線治療器と同じものですが、ご自宅で使用できるように、家庭用温熱治療器として規格されています。

サンマットの遠赤外線が、からだとの波長とともにふれあい、からだの中に熱エネルギーを作り出し、血流を改善します。
そしてからだが冷えるという感覚を緩和・解消していきます。

医療機関用の照射型の遠赤外線治療器サンビーマーとメーカー、原理ともに同じ。
サンマットは、「寝るだけ、巻くだけ、敷くだけ」と簡単。
そして、自分の都合の良いときに使えます。
特にマットタイプは、お布団の下に敷いておくだけなので、毎日眠るだけで自然と続けられて、家庭で血流改善を確実に行うことができます。

サンマットの遠赤外線は、とてもまろやか。
まるで温泉に入っているようです。
サンマットを使っているお客様から「自分ですごく良いことをしていると感じ、気持ちが前向きになった」「ぐっすり眠ることができて朝の目覚めもすっきり。体も温まり疲れも吹っ飛びました!」というお声をたくさんいただいています。

遠赤外線と暖房器具の違いって?

熱の伝達の仕方は3つあります。1つ目は「伝導」、2つ目は「対流」、そして3つ目は「放射」です。

伝導

熱は高いところから低いところへ、物体を通って伝達します。
これが暖房。
ストーブや電気毛布、こたつです。
物を媒介して暖めることで熱を伝えます。
しかしこの方法では、ストーブと体の間に風が吹いたりすると、熱はその空気の動きにさらわれてしまい、伝わりません。

対流

熱が気体か液体で運ばれます。
これはお風呂やエアコンです。
これも物(空気や水)を媒介して熱を伝えます。

放射

これが遠赤外線。
放射では物を媒介・加熱しないで熱源から瞬間的に対象物に直接届きます。
ですから、熱源と体の間に風が吹いても関係なく伝わります。
ストーブ(暖房器具)は「伝導」によって物を加熱しますから、肌に当たればまず最初に肌を加熱します。
そのまま続けていれば当然肌は火傷します。
ところが、遠赤外線は「輻射(放射)」で伝わり「共振吸収」されて体内の分子を振動させることで体内を温めますので、肌が火傷することもなく骨や筋肉から放射されている遠赤外線と共振して、体内に熱エネルギーを作り出します。
遠赤外線がそのまま体内に奥深くまで到達して直接体内を温める訳ではありません。
あくまでも体の分子にあたって共振して熱に変わり、血流を上げることによって体を温めるということになります。

温熱効果について

冷えを遠ざける遠赤外線による温熱療法
西洋医学は対処療法、局所療法といって悪くなったところの原因を探し出し、その部分を治療していきます。
それに対してサンマットなどの温熱治療器を使用した温熱療法は全身療法ということになります。
人の体は、神経も血管もひとつながり。
どこかで、途切れているということはありません。
川の流れのようなもので全ての器官はつながり、連携して休みなく働き続けています。
どこかで、その流れが滞るとその澱みは全身に悪い影響を及ぼします。
その川の流れは、人の体でいうと血流と言う事になります。
血流の滞りは、体温を下げ冷えの原因を作ったりと様々なところに影響を及ぼすことになります。

サンマットの一番の特徴は、からだへの「遠赤外線」と「温熱」の伝え方にあります。
ストーブや電気毛布のように、ただ熱を直接からだに伝えるのではなく、サンマットは、人がもともと放射している波長と同じ、人が健康に過ごすために必要な遠赤外線の波長である「生育光線」を送ることで、からだから放射している波長と※共振し、それにより体内の水分子を振動させて、結果として体を内部から温めます。

※共振 同じ波長の波が左右からやってきてぶつかり合うこと

普通の暖房器具だと、その前から離れるとすぐにからだは冷えてしまいますが、サンマットの遠赤外線とからだとが共振して作り出す大きな熱は深部で留まり、長く体を温め続ける事が出来ます。

体内で作られた熱は筋肉を柔らかくして、締め付けられていた毛細血管を緩めることで、血液の流れをよくします。

普通の電気マットとサンマットの比較




サンマットは、マットタイプ、腰巻タイプ、座布団タイプ、の3種類あります。

その内、マットタイプは、長さが158cm、120cm、90cmと3種類。ご自分がどれを選んだらいいか、迷われたら、ぜひ参考になさってください。

マットタイプの長さを選ぶ

からだの中で、血流に関係する箇所は、首の付け根ー肩甲骨ー仙骨(お尻の割れ目)ー太ももーふくらはぎー足首と全身にちらばっています。

ですので、早く安定的に血流を改善するためには、全身が覆える長さが理想です。よって、ながいきや本舗では、身長を目安におすすめしています。

マットタイプのサンマットFLL型は、ベッドやお布団で使っていただきます。敷き方は次の通りです。

※ ご注意ください ※
サンマットは直接寝るタイプではないので、必ず上にベッドパットや敷布団を敷いてください。
サンマット本体は、塩化ビニールで包まれているので、直接寝たり、薄い一枚のシーツだけだと、固さを感じてしまって、快適に寝られません。

サンマットBS20型は、部分的に使うことができるので便利

サンマットM型は、椅子に設置して上にクッションや座布団を置いて使っていただくのがスタンダードな使い方ですが、他にも、いろいろな使い方ができます。

家庭用遠赤外線治療器「サンマット」は
医療機器として認定されています

安心してお使いいただけるように「サンマット」は医療機器として認定されています。
医療機器は、医療機器販売業という資格がないと販売できない商品で「医療」機器だというからには、他の暖房器具では絶対言えない、効果効能が認められています。
その一つが「血流改善」になります。

・商品名 :サン・マット FLL(家庭用温熱治療器 承認番号 218AKBZX00081000)
・効果・効能 :疲労回復、血行を良くする、筋肉の疲れをとる、筋肉のコリをほぐす、神経痛・筋肉の痛みの緩和、胃腸の働きを活発にする
・電圧 :100V
・消費電力 :120W
・タイマ :30分、60分、8時間
・出力調節 :メモリダイヤル式0(弱)~10(強)
・サイズ・重量 :158×52×1.0(cm) /2.5kg

T様 【40~44歳】
昨年秋に、冷えを改善しようとサンマットをレンタルして、なんと3か月で自然に!!
それまで、AIHもだめ、ホルモン値が悪く排卵もできていない状態でした。
もちろん、サンマットだけではないかもしれませんが、サプリ、鍼灸院、運動、漢方など色々取り入れ、最後にサンマットで身体が整ったのかなぁと思います。
悩んだ末とうとうサンマットを購入しました。
これからまた産後の体調を整え、できればもう1人欲しいと思っています。

M様 【37歳】
昔から、からだが冷えると感じていて、からだを温めるためいろいろしてきました。
サンマットのことは「赤ちゃんが欲しい」という雑誌で知って、一年ほどずっと気になっていましたが、今回思い切って購入して使ったところ、「早くすればよかった!」と思いました。
温まり方が、アンカ、電気毛布、カイロなどとは全然違う。
表面だけでなく、じわじわと芯まで包まれるような温かさです。
来月お迎えにいくので、サンマットで体調を整えたいと思います。

Y様 【47歳】
基礎体温は高い方ですが、鍼の先生から体深部が冷えている、めぐりが悪い状態だと言われたので、サンマットを購入しました。
8時間タイマーや10段階の温度設定など、使い勝手も良いですね。
何より、腹巻タイプのBS20型は、手軽で便利です。
電気代が省エネなのも嬉しい。
5年保証も安心です。

H様 【43歳】
先日、無事に出産いたしました。
この日を迎えられたのも、血流を良くしたおかげだと思っています。
サンマット万歳!できたら二人目も欲しい43歳です。

M様 【41歳】
「この一年間、やれることは全てやってからあきらめたい」と主人に話し、サンマットを購入して、就寝時に使用していました。
そしてようやく先日、願いが叶いました。
サンマットの後押しがあったおかげです、感謝しております。
もしあきらめかけている方がいらっしゃったら、サンマットを試してみていただきたいと思います。

W様 【35~39歳】
スタッフさんの対応はすばらしくレンタルしたサンマットは最高でした。
まだこれからですがありがとうございました。

K様 【40~44歳】
冷えに対して考えが甘かったと思います。
サンマットで体質が変わったように思います。今ではメモリ1です。
使い始めは10でした。ずいぶん冷えていたと思います。
後日、薄着で少しですが出血があり、冷えは恐ろしいと思いました。
はじめ、前向きな気持ちになれず悲しみましたが、泣いても笑っても1日、と思い顔だけでも笑顔を作りました。(脳は笑顔を作ると勘違いして楽しいとうれしいと感じるらしいです!)




「サンマットの遠赤外線は外側からあたる暖房器具の熱とは違い、遠赤外線の波長が体内細胞から出る波長と振幅、共振することで体の中の細胞を動かして体内で熱を作り出します」

「他の電気毛布などとの併用は避けてください」

「マットタイプのサンマットは平らな場所に敷いており曲げずにご使用ください。故障の原因となります」

「サンマットの温度が下がったことを確認してから元のケースに収納してください。サンマットに上に重い布団などを置かないように注意してください。故障の原因になります」

「遠赤外線は生育光線ですので胎児に与える影響は考えられませんが、妊娠中は医師のご指導の元ご使用ください」

「まったく問題ありません」

「サンマットの使用で体内の温度が通常の体温以上に上ることは考えられませんので問題ありません。ただし、体をマットに密着させるなど異常な状態で連続して長時間同じ体位で必要以上に同じ場所を温めることは避けてください。低温火傷の恐れがあります。通常の使用方法による8時間タイマーでの就寝利用ではそのような心配は一切ございません。」

「短時間でも筋肉痛などの痛みを取ることはできますが、目的に応じて長時間のご使用されることをお勧めします。」

「頭をマットの上に置いて温めることは避けてください。」

「症状には個人差がありますので一概にどのくらいの期間ということは言えません。」

「はい。大丈夫ですが、子供は特に寝汗をかいたりして風邪をひくこともありますので、大人が温度調節や時間調節をしてください。低めの温度設定でのご使用をお勧めします。ただし、自分で寝返りの打てない乳児へのご使用はお止めください。」

いえ。そんなことはありません。サンマットは放射効率がとても良く、温熱効果が高いので、省エネで経済的です。メモリ位置を最大10にした場合でも、1時間あたりの電気料金は、FLL型約2.3円、BS-20型で約0.4円。よって最大10で一日8時間使っても、1ヶ月あたりの電気代は、FLL型が552円、BS-20型で96円、とわずかです。(関西電力の場合)