高プロラクチン血症

出産したわけでもないのに、母乳を分泌するホルモンの値が高く、排卵障害が起こり、排卵が抑えられてしまいます。 その他には母乳をあげていないのに、乳汁が出てくる場合もあります。まれに良性の腫瘍が出来ていることもあり、その場合 … Continue reading

続きを読む »
2012年1月31日

潜在性高プロラクチン血症

普段は正常な量のプロラクチンが分泌されていても、黄体期の時などプロラクチンの数値が高くなる症状です。

続きを読む »
2012年1月31日

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発剤によって起きる副作用です。卵巣が大きく腫れる、下腹部の痛み、下腹部の膨満感、胸水と腹水が溜まります。

続きを読む »
2012年1月31日

多嚢胞性卵巣(PCOS)

卵胞が張る良くするが、排卵できずに、発育した卵胞が硬い卵巣の皮に阻まれて、卵巣に留まって、卵巣が腫れる症状です。男性ホルモンの増加が見られます。 治療法として、排卵誘発剤などを使って卵胞の成長を促す方法があります。 改善 … Continue reading

続きを読む »
2012年1月31日

卵巣機能低下

性腺刺激ホルモンの刺激を受けても、卵胞の発育などの卵巣機能が正常に働かなくなる状態をいいます。 卵巣の中にある卵の元(原始卵胞)が少なくなってしまう症状です。

続きを読む »
2012年1月31日

黄体化未破裂卵胞

卵胞が十分に成熟しているにも関わらず、排卵できずにそのまま黄体化してしまうことです。

続きを読む »
2012年1月31日

黄体機能不全

卵を着床させる準備を十分に整えることができなくなる状態をいいます。 排卵しない、遅れる、高温期の時体温が上がらない、短いなど黄体ホルモンの分泌不全で、様々な支障が出ます。 デュファストン・ルトラールなどの黄体ホルモン剤を … Continue reading

続きを読む »
2012年1月31日

子宮内膜症

生理の時にはがれた子宮内膜が逆流し、体の他の場所(直腸、膣、腹膜、卵巣、子宮の筋肉層など)に付着してしまい、毎月出血を繰り返し、妊娠を妨げます。 周期的に女性ホルモンの変動によって増殖、出血、薄利(月経)を起こすため、炎 … Continue reading

続きを読む »
2012年1月31日

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)

視床下部(間脳)から刺激を受けて脳下垂体が卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンを大量に出すホルモンのことを指します。

続きを読む »
2012年1月31日

プロラクチン (PRL)

脳下垂体から分泌されるホルモンで、出産後に母乳の分泌を促す作用があります。

続きを読む »
2012年1月31日

黄体形成ホルモン (LH)

脳の視床下部からの指令を受けて脳下垂体前葉から分泌されるホルモンです。 黄体を形成し、排卵を誘発します。排卵が近づくと、急激に大量な黄体形成ホルモンが分泌され、成熟した卵胞を刺激して破裂させ、排卵させます。

続きを読む »
2012年1月31日

黄体ホルモン (プロゲステロン)

排卵後の卵胞が変化してできる黄体から分泌されるホルモンです。 子宮内膜を厚くして着床の準備や妊娠の環境を整えます。 着床した場合はさらに分泌量が増えて、妊娠を維持します。着床しなかった場合は、黄体ホルモンが減少していき、 … Continue reading

続きを読む »
2012年1月31日