高プロラクチン血症

出産したわけでもないのに、母乳を分泌するホルモンの値が高く、排卵障害が起こり、排卵が抑えられてしまいます。
その他には母乳をあげていないのに、乳汁が出てくる場合もあります。まれに良性の腫瘍が出来ていることもあり、その場合は手術をして取り除きます。
その他はパーロテルかテルロンという薬を飲んでホルモンを抑制します。

Posted in: 症名と症状