子宮内膜症

生理の時にはがれた子宮内膜が逆流し、体の他の場所(直腸、膣、腹膜、卵巣、子宮の筋肉層など)に付着してしまい、毎月出血を繰り返し、妊娠を妨げます。
周期的に女性ホルモンの変動によって増殖、出血、薄利(月経)を起こすため、炎症や癒着が発生します。症状は生理の時に激痛があります。
卵巣が普通よりも腫れてチョコレートのような血液が溜まります。

Posted in: 症名と症状