潜在性高プロラクチン血症

普段は正常な量のプロラクチンが分泌されていても、黄体期の時などプロラクチンの数値が高くなる症状です。

Posted in: 症名と症状