必要な時に遠赤外線サンマットレンタル

掲載されました

ながいきや本舗では、長年にわたって30代から40代の女性の皆様を中心に血流を改善するサンマットの治療をお薦めしています。

治療を受けたり、色々な方法を試してみてもなかなか結果が出ない・・・
ながいきや本舗のお客様にはそのような方がたくさんいらっしゃいます。

年齢的にはほとんど30代から40代中盤までのお客様のサポートが圧倒的に多いのはやはり必然と言えます。
血流を改善して内面の若々しさを維持し、健康で元気な身体でいる事は、夢の実現に向けて本当に大切な事です。

また、そのようなサンマット体験者の多くの皆様の感想として、「自分でできる前向きな事が見つかった」「良い事をしているという実感があります」「気持ちまで前向きになりました」など、サンマットの効果以外にも気持ちの面での満足感、充足感をおっしゃる方がたくさんおられます。

サンマットは一般の暖房器具との違い、遠赤外線および温熱の効果によって血流を改善し、疲労を取り、健康な体へと導いてくれます。

サンマットの仕組み

サンマットの一番の特徴は、からだへの「遠赤外線」と「温熱」の伝え方にあります。
ストーブや電気毛布のように、ただ熱を直接からだに伝えるのではなく、サンマットは人体が放射している遠赤外線(生育光線)と同じ領域の波長を送ることで、からだから放射している波長と体内で共振(※)させ、体内の水分子を振動させることで熱を発生させて体を内部から温めます。

※共振
同じ波長の波が左右からやってきてぶつかり合うこと

このようにして遠赤外線を伝えると、からだの表面だけが熱くならないで、体の深部で熱を作ることができます。
普通の暖房器具は器具の前から離れるとすぐにからだは冷えてしまいますが、サンマットの遠赤外線とからだとが共振して作り出す大きな熱は深部で留まり、長く体を温め続ける事が出来ます。

体内で作られた熱は筋肉を柔らかくして、締め付けられていた毛細血管を緩めることで、血液の流れを改善します。

さらに温まった血液が全身を巡ることで体を温めていきます。

サンマットは安心、安全

サンマットの遠赤外線は生育光線

サンマットの遠赤外線は、人体からそもそも放射されている波長と同じ波長であること、また、自然界の遠赤外線の中でも「生育光線」と言われる、人が健康で生きるために必要な光線と同じ波長であるため、人体への危険や副作用がありません。

サンマットは安心設計

家庭用温熱治療器(医療機器)として財団法人電気安全環境研究所(JET)に認証されています。

マット内部に設置されたサーモスタットにより一定温度にコントロール。過温による故障や事故を未然に防ぐ設計です。電波障害もなく、パソコンや他の治療機器等に及ぼす誤作動等の心配は一切ありません。

また、一般の暖房器具とは全く異なり、内部構造は独自開発の特殊カーボン面放射体を搭載し、1箇所断線すると使用不能となる線ヒーターを採用していません。

3段階のタイマー

タイマーは30分60分8時間で時間設定をしてご使用が可能です。

10段階の温度設定

温度設定は1から10の10段階で自由に温度調節ができますので、 外気温や体調などによって、ご自分が気持ちよいと感じる目盛りでご使用ください。

【目安】
目盛り 1 =約 25 °C
目盛り 5 =約 35 °C
目盛り 10 =約 41 °C

コードの長さ

サンマットは、電源を入れて使っていただきますが、そのコードの長さは全機種共通で3.5m。
長さがありますので、設置の場所を選びません。また、BS20型は、からだに装着してかなりの範囲で動くことができます。

1. 血流を改善します

サンマットの遠赤外線が、からだとの波長とともにふれあい、からだの中に熱エネルギーを作り出し、血流を改善します。
そしてからだが冷える、という感覚を緩和・解消していきます。

遠赤外線コラム


人体を考えてみると、骨もセラミックスの一種。ということは、体に遠赤外線を放射することで、体内からも効率よく遠赤外線が放射されるということが起こります。

この作用を応用することを考えると、骨が多い場所、頭部、顔、骨盤などは遠赤外線の治療効果が高いといえます。

遠赤外線の治療によって子宮や卵巣の血流が上がる一つの理由がこの「大きな骨の集まりである骨盤から効率よく遠赤外線が放射されるため」なのです。

上の図は骨盤内の卵巣や子宮、そして動脈・静脈の様子です。左右の足からの静脈は、骨盤のところで1本になって上がっていく近くにちょうど卵巣があります。

静脈の上に卵巣が乗っているような状態です。

さらに、卵巣側から見ると、静脈よりも動脈の方が奥にあります。

つまり、卵巣に近い方に、静脈という冷たい血が流れ、遠いところに動脈という温かい血が流れているということです。

また静脈は動脈よりも太いので、接触面積も大きいといえます。

そのため、ある不妊治療専門のドクターは「静脈を流れる冷たい血液はちょうど空冷システムみたいに、卵巣を冷やし続けているといえます。なので、からだを温めること、特に足下や下半身を温めることは、卵巣を温め、活性化することにつながるのではないかと思います」とおっしゃっています。

遠赤外線と暖房器具の違いって?

熱の伝達の仕方は3つあります。1つ目は「伝導」、2つ目は「対流」、そして3つ目は「放射」です。

伝導
熱は高いところから低いところへ、物体を通って伝達します。これが暖房。
ストーブや電気毛布、こたつです。物を媒介して暖めることで熱を伝えます。
しかしこの方法では、ストーブと体の間に風が吹いたりすると、熱はその空気の動きにさらわれてしまい、伝わりません。

対流
熱が気体か液体で運ばれます。これはお風呂やエアコンです。これも物(空気や水)を媒介して熱を伝えます。

放射
これが遠赤外線。放射では物を媒介・加熱しないで熱源から瞬間的に対象物に直接届きます。
ですから、熱源と体の間に風が吹いても関係なく伝わります。
ストーブ(暖房器具)は「伝導」によって物を加熱しますから、肌に当たればまず最初に肌を加熱します。そのまま続けていれば当然肌は火傷します。

ところが、遠赤外線は「輻射(放射)」で伝わり「共振吸収」されて体内の分子を振動させることで体内を温めますので、肌が火傷することもなく骨や筋肉から放射されている遠赤外線と共振して、体内に熱エネルギーを作り出します。

遠赤外線がそのまま体内に奥深くまで到達して直接体内を温める訳ではありません。あくまでも体の分子にあたって共振して熱に変わり、血流を上げることによって体を温めるということになります。


2. 簡単に手軽で続けられます

どんなに優れた治療器も治療法も、続けられなければ意味がありません。サンビーマーをご存知でしょうか。

サンビーマーは医療機関用の照射型の遠赤外線治療器です。
クリニックや鍼灸院などで使われたことがあるかもしれませんね。
サンビーマーは施設用なので、大型で高価なので、医療機関で使うときはほとんどが有料です。

それでも毎日通えればいいのですが、現実は時間的にも経済的にも、なかなか難しいですよね。

やはりいくら素晴らしいといえども、一週間に一度では牛歩の進み・・・そんな声にお応えして作られたのが「サンマット」です。

メーカーも同じ、原理も同じですが、サンマットは、「寝るだけ、巻くだけ、敷くだけ」と簡単。
そして、自分の都合の良いときに使えます。

特にマットタイプは、お布団の下に敷いておくだけなので、毎日眠るがけで自然と続けられて、家庭で血流改善を確実に行うことができます。

3. 前向きになれる!

これは私達にとっても意外なことだったのですが、サンマットを使っているお客様から「気持ちが 前向きになった!」というお声をたくさんいただきました。

ある方は「ぐっすり眠ることができて、朝の目覚めもすっきり。 気持ちもすごく前向きになりました!」とおっしゃっていました。

サンマットの遠赤外線は、とてもまろやか。まるで温泉に入っているようです。

そのせいで、安心感が得られ、明日への不安がなくなるのでしょう。

この安心感もからだ作りには大切ですね。

なお、医療機器として認証されているサンマットの効果・効能は次の通りです。

血行を良くする
疲労回復
筋肉の疲れをとる
神経痛、筋肉痛の痛みの緩和
胃腸の働きを活発にする

そう、実はサンマットはいろいろな効果があるのです。
疲労回復作用も認められているので、パートナーの仕事疲れを癒すためにも最適。
疲れが取れると、またパートナーも元気になれて、よい結果が生まれてきます。

また、胃腸の働きを活発にすると、しっかり食べることができますの で、栄養満点!
これも願いを叶えるための大事なことですよね。

そして実はお父様お母様にもおすすめ。やはり、元気の源は血流を上げることですから。お痛みがある場合は、それも緩和してあげることができます。
このように、まさに一家に一台。いつでもどんなときでも。
ぜひ、貴方だけでなく、旦那さま、ご両親などご家族全員でお使いください。

マットタイプ、腰巻タイプ、座布団タイプ、の3種類あります。
その内、マットタイプは、長さが158cm、120cm、90cmと3種類。
ご自分がどれを選んだらいいか、迷われたら、ぜひ参考になさってください。

機種を選ぶ

● 早く安定的に血流改善したい
→ 一番効果が高いのはマットタイプ(FLL型もしくはFL型)

● おなかだけが冷える、腰が冷える、太ももが冷える、肩こりなど
→ 部分的な冷えには腰巻タイプ(BS-20型)

● 職場で使いたい、デスクワークの時間が長い
→ 座布団タイプ(M型)

● 旦那さまにすすめたい
→ 部分使いができる座布団タイプ(M型)

マットタイプの長さを選ぶ

からだの中で、血流に関係する箇所は、
首の付け根-肩甲骨-仙骨(お尻の割れ目)-太もも-ふくらはぎ-足首、と全身にちらばっています。ですので、早く安定的に血流を改善するためには、全身が覆える長さが理想です。

よって、ながいきや本舗では、身長を目安におすすめしています。

152cm以上 → FLL型(158cm)

152cm未満 → FL型(120cm)

SL型は長さが 90cmですので、半身タイプになります。
上半身だけ、下半身だけ、と部分的に使っていただくようになります。

サンマットの使い方

マットタイプの敷き方

マットタイプのサンマットFLL型は、ベッドやお布団で使っていただきます。
敷き方は次の通りです。

1. サンマットを箱から取り出す。

2. サンマットには表裏があるので、確認する。(下の写真は裏面です)

3. スプリングマットレスの上にバスタオルを敷いて、その上にサンマットを敷く。

4. サンマットの上に、ベットパットや敷き布団を敷く。

5. シーツをかぶせる。

6. できあがり!あとはねるだけ。

※ご注意ください※
サンマットは直接寝るタイプではないので、必ず上にベッドパットや敷布団を敷いてください。
サンマット本体は、塩化ビニールで包まれているので、直接寝たり、薄い一枚のシーツだけだと、固さを感じてしまって、快適に寝られません。
サンマットの上にお布団を乗せても熱は伝わりますので、ご安心ください。

腹巻タイプBS20 型の使い方

サンマットBS-20型は、部分的に使うことができるので便利です。

座布団タイプM型の使い方

サンマットM型は、椅子に設置して上にクッションや座布団を置いて使っていただくのがスタンダードな使い方ですが、他にも、いろいろな使い方ができます。

椅子に腰掛け、足もとにM型をおいて、その上に足を置き、タオルをかぶせて、足を温める。

ベッドで使う。

これはわかりやすいように、直接寝ていますが、実際はマットタイプと同じような敷き方。
からだの当てたいところに当たるように、マットレスの上にM型を置いて、その上にベッドパットや敷布団を重ねてください。

29歳から4年間の治療を経て無事第1子を授かられた
T様のサンマット体験談をお伺いしました。

インタビュアー:松村恭子(ながいきや本舗店長)

サンマットを使い始めたきっかけ

松村 : まずはじめにサンマットを使い始めたきっかけを教えてください。

T様 : 直接のきっかけは、神戸にある山下レディースクリニックの山下先生のサンビーマーの学会発表です。
ながいきや本舗さんでは、家庭版のサンマットをながいきや通信で紹介されていました。
値段が高いので、すごく悩んだのですが、やっぱりはやく結果を出したかったので、サンマットの購入を決めました。

松村 : サンマットを使ってみていかがでしたか?

T様 : 実際にサンマットを使い始めたのがまだ暑い9月だったので、正直、最初は実感が湧きませんでしたが(笑)涼しく寒くなるにつれて、すごく温かくて気持ちいい。
温泉に入っている気分でリラックスできました。 特に、その頃は仕事をしていたのですが、通勤に時間がかかって、朝も早く起きて夜寝るのも遅く、睡眠時間がそんなに長くとれなかったんです。でもサンマットのおかげで熟睡することができました。

2回目の移植で見事に成功

松村 : それが、ながいきや本舗との最初の出会いだったのですね。それからTさんには、お電話やながいきや本舗の主催イベントで、治療のことなどいろいろとお話を伺う機会があって、積極的に質問されたり活発に活動されていて、とても記憶に残っています。 2回目の結果はどうでしたか。

T様 : 採卵は4つできて、1つをすぐに移植しました。それはうまくいきませんでしたが、残り3つを凍結して、また改めて2ヵ月後に移植をしたら、それで授かることができました。

松村 : ながいきや本舗に来ていただいて、ちょうど一年ですね。

T様 : そうですね。本当に嬉しかったです。

サンマットはいつ使っていたのでしょうか?

松村 : その後もサンマットは使われましたか。

T様 : はい。私は、移植の前も、移植のあとも、妊娠中も、ずっとサンマットを使っていたんです。
そのおかげで、妊娠中も特にしんどい、ということはなかったです。

松村 : それはよかったですね!

T様 : 今も毎日使っていますよ。 昼間も、子供が寝ている間に床に敷いて座って使ったり、寝る時ももちろんベッドに敷いて使っています。 血流改善や疲労回復にも役立つので、あって本当によかった!と思っています。

松村 : サンマットがお役に立てて、とっても嬉しいです。 サンマットの他になにかチャレンジしていましたか?

T様 : ながいきや本舗さんのサプリメント(イソラ)や、妊活に良いといわれるお茶なんかも取り入れていました。 お茶は、今もよく飲んでいますよ。 また、2回目の採卵の際は、できるだけ睡眠を多く取らないとからだが持たないと思ったので、残業も極力しないで、7時くらいまでに家に帰って晩御飯の支度や家事を済まして、なるべくサンマットを使って早く寝るように心がけました。 あとは、走っていましたね。 走ることはそんなに好きじゃなかったのですが(笑) 先輩に誘われて走るようになって、多いときは会社が終わってから週3回くらい走ってましたね。

松村 : 仕事が終わってからなんて、すごいですね。

不妊治療と仕事の両立

T様 : 仕事は経済的なことを考えると、辞められませんでした。 2回の顕微授精の間で、タイミングもやっていたので、仕事しながら通院していました。 クリニックは遅くまでやっていたので、時間的には大丈夫でしたけど、不妊治療のことをオープンに言っていたにもかかわらず、職場では理解があまり得られなくて、それはしんどかったです。

一番辛かったこと

松村 : 一番辛かったことはなんですか?

T様 : 体外受精で結果がでなかったことですね。 タイミングで結果が出ないのと、体外受精で結果がでないのは、気持ちが全然違います。 もちろん、からだの負担も違いますし。 特に採卵するまでが、肉体的に一番辛かった。 自己注射をすると、お腹がパンパンに張るし、注射や投薬の時間が決まっていたので、それに合わせてスケジュールを立てなくてはいけませんでした。

松村 : 薬中心で時間を管理しなくてはいけなかったんですね。

T様 : それとやっぱり、うまくいくかすごく不安でした。 結果を聞くのに病院に行きますが、その待ち時間が辛いから、わざとフライングして前日に検査薬で調べて、心の準備をしていきました。

松村 : 思い出しただけでも、緊張しますね。

T様 : でも、今2つ凍結胚があるので、授乳が終わって来年の夏ごろ、お迎えに行きたいと思っています。 その準備のために、サンマットももちろん使いながら、またながいきや本舗にお世話になっています。

サンマットで2人目の準備に取り掛かっています。 皆様へのメッセージ

松村 : それでは最後に、皆様へメッセージをお願いします。

T様 : それぞれいろんな問題を抱えた中で、頑張っておられると思います。 つらい時もありますが、試練は乗り越えられる方だけに与えられるものだと思っています。 そして、それを乗り越えられた時には、素晴らしい未来が待っていると思います。 希望を持って前向きに、時にはゆっくり、ぼちぼち頑張って下さい。 妊娠がゴールではありません。 妊娠してもその先に出産&育児が待ってます。 気長に頑張りましょう!

松村 : 今日は本当にありがとうございました。

T様は治療について職場ではオープンにしてこられたそうです。 職場では苦労がありましたが、他の場所では「実は私も・・・」と同じ悩みを抱えている人が声をかけてくれて、情報交換できました、とおっしゃっていました。
今は、「どうしたらいいかな」と相談されることもあるそうです。 私も、これまで折に触れてT様とお話ししてきましたが、いつもパワフルで、逆に私がパワーをもらっていました。 なので、今回辛かったことも話してくださって、改めてT様の強さを感じました。 子育ても大変なことがあるかと思いますが、これからもT様らしく、お過ごしくださいね。 息子様の健やかなご成長とT様ご一家のおしあわせを心からお祈りしています。

<</div>





私たちは、2001年にながいきや本舗を立ち上げました。以来、当事者の皆様にとって有益な情報や商品、サービスのご紹介を行っています。その中で「血流改善は願いを叶えるために、も最も重要であり、そしてご自分ができることだ」と気付き、サンマットレンタル事業を始めました。サンマットのレンタルは自宅でできる治療サポートです。迷うこと、わからないことなどありましたら、すぐにご連絡ください。一緒に考えてまいりましょう。



お貸出しの前に必ずお電話でのお打ち合わせを行います。電話番号は「078-515-6935」と表示されますので、ご対応いただきますよう、よろしくお願い致します。

なお、事前のお電話がつながらない場合は、ご希望日にお送りすることでできないこともございます。
また、予定日から1週間以内にお電話でのお打ち合わせが出来ない場合は、キャンセル扱いとなります。

・北海道・沖縄・離島からのご注文の場合、往復送料を3,000円頂きます。予めご了承ください。

Q : 「サンマット」は電気カーペットなどと、どう違うのですか?

A : 「サンマット」は医療機器として認可された家庭用遠赤外線温熱治療器です。
電気毛布や電気カーペットは電熱線に電気で熱を発生させ体表を温めますが、「サンマット」は遠赤外線という目に見えない光の波長が、からだのからの波長と共振し、体内深部を温めます。

ですから、長時間使用しても低温やけどなどの危険がなく、体表を直接温める暖房器具と違い、体内深部を温めて毛細血管を拡張し、血行を促進する、胃腸の働きを活発にする、体の痛みを取るなどの医療効果が認められています。

Q : 1日にどのくらい、使用すればいいですか?

A : 「サンマット」は遠赤外線治療器で、やけどなどのリスクがないため、長時間使用しても問題はありません。
「サンマット」には、ベッドやお布団の下に敷くタイプと腰に巻きつけて使用するタイプがあります。

敷くタイプの「サンマットFLL型」「サンマットFL型」は就寝利用として毎晩の睡眠時間に使用することで、その効果を最大限高めることが出来ます。起きている時間帯は腰に巻くタイプの「サンマットBS-20型」を使用し、お腹や腰、肩といった部分治療を行えます。また、座布団タイプの「サンマットM型」は、椅子に設置して、座っている間中使っていただくといいでしょう。

Q : 「サンマット」の表面温度は何度くらいになりますか?

A : からだに優しい設定になっています。温度調節メモリ「10」の場合で最大41℃、「5」の場合で35℃、「1」の場合で最小25℃に設定されています。(室温20℃の場合)少し低めの温度設定からご自身のもっとも快適で気持ちの良い温度を見つけて使用されることをおすすめします。

なお、スイッチを切っても、遠赤外線波長は出ています。

Q : 「サンマット」は生理中使用しても問題ありませんか?

A : 問題ありません。
もし出血量の増加などで不快に感じられることがあれば、その日は使用を避けられるなど、調節されるといいでしょう。

Q : 「サンマット」は食後すぐに使用しても問題はありませんか?

A : 食後は少し時間をおいてからのご使用をおすすめします。
消化の負担を避ける意味で、食後はできれば2時間程度経過してからご使用ください。

Q : BS20型を寝るときに使っていいの?

A : いいえ、BS-20型を巻いたまま寝ることは避けてください。
BS-20型は腹巻タイプで巻きつけて使っていただきます。また、サンマットの内部は、細い線が張り巡らされています。
したがって、もし巻きつけて寝た場合、寝返りするたびに、からだの動きにともなって、内部の線がぷちぷち切れて、少しずつ断線し、サンマットの寿命を短くする可能性があります。ですので、就寝時にはBS-20型はお使いにならないようお願いいたします。
就寝時に使いたい場合は、FLL型、FL型をお使いください。

Q : サンマットのコードの長さは何センチですか?

A : FLL型、FL型、M型、BS-20型とも、3.5mです。

Q : サンマットの大きさと出力を教えてください。

A : ・FLL型 (158cm×52cm):120W
・FL型 (120cmX52cm):100W
・M型 (41cm×41cm):35W
・BS-20型 (48cm×20cm):20W

Q : 温かくなるまで、どれくらいかかりますか?

A : どの機種も約10~15分かかりますので、ご使用前に事前に電源を入れて温めておかれることをおすすめします。

Q : お布団で寝ています。畳の上にサンマットを敷いて、その上に敷布団と聞きましたが、畳の上に直接サンマットを置いて大丈夫ですか?畳が傷みませんか?

A : はい、大丈夫です。
サンマットFLL型、FL型、M型には、畳や床に当たる面には断熱材が入っていますので、畳や床を傷つけることはありません。ご使用の際は、かならず「表」面を上にしてください。

Q : サンマットFLL型とFL型は就寝利用ですが、寝ている間ずっと点けっぱなしでもいいの?

A : はい、大丈夫です。
血流改善のために、寝ている間ずっと、気持ちの良い温かさに包まれてお休みください。なお、寝る前に水分を補給された方がいいでしょう。

Q : サンマットはいつでも使っていいの?

A : はい、無理のない範囲でお使いください。

Q : 腹巻タイプのBS-20型は、一日どれくらい使ったらいいでしょうか?

A : 特に制限はないので、日中使える時間だけ使っていただけるといいでしょう。
おすすめの使い方は「緩急をつける方法」です。30分付けたら15分休んでまた付ける、1時間付けたら30分休んでまた付ける、などお休みの時間を間に入れられる方法です。

緩急をつけた方が反応が良いので、おすすめしております。なお、お使いの際には、水分補給はこまめに行ってください。

Q : サンマットを両親にも使ってもらおうと思いますが、大丈夫ですか?

A : はい、ぜひすすめてあげてください。
サンマットは実は30年の歴史があり、ご年配の方の健康維持のため、など広く使われております。痛みの緩和に、また、冬場、寒くて眠れないときなど、ぜひ皆さんでお使いください。

Q : サンマットは出産後も使えますか?

A : はい、元気であり続けるために、ぜひお使いください。ママは健康が一番大切ですね。

レンタルお申し込みは楽天ショップで

楽天へ

楽天へ

楽天へ

楽天へ